iphoneを使う理由を考えていたら、iphoneにこだわる理由がなくなった

投稿日:

かれこれ10年くらいプライベートでmac使っていることから、おのずとiphone使い始めて7年近く。
2010年頃に「Nexus One」というgoogleのHTC製Androidスマホが出た時に変えたくなった時はあったが、当時はiphone OS(今のios)をAndroidに移行させるのがとっても面倒くさそうで、結局のところiphoneを使い続けている。

iphoneの機種代も月額費用も年々上がり続けていることから、いずれはSIMフリー端末を使った格安MVNOを試したいし、SIMフリーのiphoneを買おうかと思い始めているが…

スポンサーリンク

そもそも、なんでiphone使うのか

単純にApple製品が好きだっていうのが一つ。
大学生の頃に買ったPowerbook G4とMac OSXの洗練されたスタイルに惚れ込んで、それ以来Apple製品に夢中になった。

そして、Apple製品でよく言われる「初物には手を出すな」という格言に則って、iphoneについても興味はあったものの初代モデルが出た時には我慢して、iphone 3GSが出た瞬間に購入。

最近はそうでもないが、かつてはWWDCなどAppleの新製品発表のKeynoteをわざわざ深夜まで起きてネット中継見ながらtwitterの実況を眺めては興奮したものだった。

とにかく使い手を意識し、直感的に操作ができること、不必要な要素が削られたシンプルかつ洗練された機能、そして革命的で魅力的なサービスを次から次に提供する姿勢。

と、ここまで書いた時点で、果たして今ってそういうことを求めてiphone使ってるんだっけ?って冷静に考え始めた。

仕事用にiphone6があるが、プライベートは先日不慮の事故で水没し、持ち込み機種変更で復活させたiphone5である。

iphone6水没。iphone5を持ち込み機種変更

ヘルスケアアプリを使う際にiphone5S以降で搭載された「モーションセンサー」がないのはマイナスポイントだが、今となってはmi bandで数値とっているのであんまり不都合はないし、メモリサイズが小さいために最新iOSで動かすとたまに動作が重たくなるけれど、それもアニメーションの不使用やiMemoryGraphのメモリ解放などで特に困る場面はない。

激安アクティブトラッカーxiaomi Mi Band Pulseを購入。歩数と心拍数計測をiphoneに連携。

iosアップデートで動作が重い!iMemoryGraphでメモリ解放して軽くしてみた

あえて言うなら、指紋認証ができないこととios9.3にアップデートしてから妙に電池の減りが早くなったくらいで、それ以外はデバイスの機能、サイズ感含めて「iphone5」で満足している。

iphoneでしかできないアプリやサービスはどうだろう

PC/iphoneともにメインブラウザはchromeだし、GmailやGoogleドライブなどGoogle関連サービスをヘビーユーズしているが、そうなってくるとAndroidのほうがいいんんじゃないかと思ってくる。

他にもクラウドサービスをいくつか使っているけど、世界的に言えばAndroidのほうがシェアが高いし、異常にiphone使用率が高いと言われていた日本でも最近(2016年現在)はiosとAndroidの比率は半々くらいになってきているので、使用頻度高めアプリもほとんどが両方のOSでリリースされている。

参考サイト:世界のモバイルOSシェア比較サイトが更新!日本のiOSシェアは世界トップ!

日本のiosシェアは世界トップと言っても2016年1月時点でiOSが50.3%、Androidの48.7%と圧倒的シェアってこともない。

逆にiosならではの機能ということであればicloud

確かにiphoneのバックアップを取ってくれるのは便利だが、そもそもicloudのストレージって無料だと5GBしかないので、丸ごとコピーできるわけでもないし、写真なんてとてもじゃないけどバックアップできる容量ではない。

iphoneの写真についてはmacの「写真」アプリとwifiで自動バックアップを設定しているものの、Googleフォトでも自動同期でバックアップとっているので、ハードコピーにこだわらなければそれで事たる。

音楽についてはitunesとの連携が強力だし、itunesストアで購入した曲などもあるもののDRMフリーだが、そもそもitunesでiphoneを制御する事なんて最近はほぼない。

加えて、そもそも最近はiphoneに音楽そんなに入れてないし、容量もあまり多くしたくないので、古いiphone3GSをipodとして使っている。
音楽しか聞かないならiOSをアップデートする必要もそんなにないし、古いiOSで音楽聞くだけならiphone 3GSで十分ストレスない。

そうなってくると、いよいよiphoneにこだわる理由はなくなってきた

Appleは特に顕著だけど、とにかく買い替えさせたいからOSバージョンアップさせて古い端末から切り変えさせようという戦略があるので、どれだけ大枚はたいて買った最新機種も、発売から2年も経てばハイエンド機種も陳腐化する。

今のスマホの値段は異常だ。
iphone6Sの16GBでも税込で8万超えるし、ハイエンドモデルのスマホは10万超えも当たり前。
仮に2年で買い換えるとしても、2年で10万近くするものを買い換えるっていうのは、よく考えると無茶苦茶高い。
PCだって4年くらいは買い替えないのに。

加えて言うと、そもそも普段使っている機能やアプリにそこまで性能って必要ない。
カメラ性能も、高性能と言っても所詮はスマホレベルであればそんなに高スペックである必要ない。
スマホ上で画像見るのがメインであればなおのこと。
アホみたいに3D駆使したゲームとかするんであれば性能も必要かもしれないけど、おそらく普段よく使うアプリなんて、ブラウザかメールクライアントか、SNSアプリくらいだったら性能いらない。
であればZenFoneとか2万円代で買えるスマホでもいいような気がする。少なくとも今使っているiphone5よりは多少性能もいいだろうに。

 

zendone2 laserZenFone 2 Laser

と、ここまで来ると、本当にiphoneを使い続ける理由ってない。

人間の心理には「他人と被りたくない」という思いがある一方「みんなとお揃いだから安心」という思いも共存している。
プロダクトに関してはコモディティ化すればするほど、後者の心理が強くなるが、iphoneに関しては完全にコモディティ化しており、かつてApple製品に魅力を感じた「イノベーティブ」さは薄れてきており、実際に普段の使い方を冷静に分析してみても必然性もないことを踏まえるとiphoneを使う理由って実はないことに気づいた。

とはいえ、iphone SEはサイズとコストパフォーマンスとしては魅力的ですけどね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-TIPS
-, ,

Copyright© hack.lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.